11月8日 波 波 波 です。

 
釣れない、、、、沖へ行って見よう     kさんのボートです。
駒ヶ岳をバックに 遊漁船オルカ
波にもまれる UF25とUF23    釣果は5本と6本だったそうです。
KNさんが 釣った虎フグ 大きな本物のフグです。 仲間の鮮魚屋さんが 次の日 生きたまま市場のセリに出したら、5000円で取引されたそうです。すごいですねえ。
忘年会が近づいていますが、今年の釣りダービーの特別賞で表彰候補ですね。
十勝沖のサケの一荷釣りを夢見て 造ったという仕掛け。絡んで絡んで サケにはダメだったそうです。
UF20のイケスのサケ。魚が排水口を塞ぎ 走ると水があふれることは よくあること と無視して走っていたら あふれた水が左右の物入れに流れ込み 船内にまで 回り込んでいたようで、、、、
何か船が重く走らないなあ と 思って 両側のハッチを開けたら 水がいっぱい。キャビンをのぞいたら 敷き板まで 水でいっぱい。 原因がわからず 一瞬 沈むかな と恐怖に見回れ、全速で帰ろうと ハンドルを倒しても 海水が船尾に移動して 船尾が沈みそうになるだけ、、、、、

すぐ海上保安部に救助電話しようかと思いながらも ゆっくり走ったら なんとか 走れそうです。
しかし 原因がわからない状態なので どこからか さらに 水が入り続けていると思うと もうドキドキ。。
 停めて調べた方が良いか 少しでも早く帰ったほうが良いか 悩みながらも なんとか帰港しました。。。。。怖かったあー。。。。
UF20の持ち主の皆さん 注意してください。
港の入口の横で ウニ漁をする漁師さんのイソ船。
見るとわかりますが 船の上縁を水面ギリギリまで傾けて 作業するため いまにも水が船内に入りそうです。
この横をボートが全速で入港してくると 曳き波が押し寄せ、、、、漁師さんは いつもこの後 どうなっているのでしょう。
港口では微速、イソ船を見かけたら 微速。。。   を励行しましょう。

アメリカの釣りページを楽しんでいますか?左のヤフー検索ページの一番下にヤフーアメリカがあって フィッシングを検索すると 多くのページが出てきますよ。 例えばオーシャンセンターhttp://www.ocfishing.com/のURLを右クリークでコピーしてから、 うちのページの下段にある英語翻訳リンクをクリックして開き、そこのURL窓に貼り付けると 次のようになります。
オーシャンセンターの日本語訳のページ  をクリックして見てください。たどたどしい日本語で フライ を空飛ぶ なんて 訳してしまいますが なんとか 理解できて おもしろいですよ。

魚の名前の英語訳がわからない時は うちのページの下段にある翻訳をクリックして、例えば サケ と書き込むと salmon と出ますよ。
 私はこの翻訳システムを使って アメリカの仕入れ元と難しい話をしてますよ、例えば 今回の運賃は高かったよ とか、、、、こんな部品を捜して欲しいとか、、。
彼女も うちのページの英語版を見てくれていて、先日も  写真の女性達は 奥さんと娘さんですか なんてメール来てました。。


11月3日 は祭日でした
異常に小さいサケ? マス? どなたか正体わかりますか?  幻のアレかな?
釣りの海域。破線は水深40mの等深線です。
Sさん親子は 3度目の正直で 満足できる大漁 サケ15匹、
クーラーとイケスがいっぱいです。すぐ 奥様が迎えに来られていました。
札幌からの4人組。サケずいぶん釣ったそうで、明日 もう一度出漁するそうです。



11月11日快晴なれど サケ薄し

皆がサケに走る中で ひとり 沖ソウハチを捜しに 鷲別沖へ出かけたAkさん。
今日は3匹のNさん。本人hs不本意と言ってますが、でかいメスが2本とオス1本。
どうして、オスはブナで黒く、メスが銀毛が多いのでしょうか?。
日は一人で 出かけたNさん、
タモ扱いが大変で、1匹バラシて、お気に入りのドジャー仕掛けが持ち去られたと 嘆いていました。
コレが実績のドジャーです。    下の針セットは 自作です。


Taさんの 複雑な心境のポーズ。8キロのサケを頭に一人で5匹の釣果ですが、、同乗の仲間が、、、、、、。
ゆっくり 帰港するカデイ23。  港入口の防波堤には 釣り人がズラリ並んで チカ釣りです。
晴天の下、ぞくぞく帰港してくるボート達。 順番を待っています。
今日は Yさん お子さんといっしょ。   自走船台なので 一人でボートを格納できます。



今日、朝早く出港していったAさんが、すぐ戻ってきて そのまま病院へ。なんと、釣り上げたサケの針を外そうとして、サケが暴れ、針が指に刺さってしまったそうです。病院で針を抜いて治療してもらい、またすぐ、出港したそうですが、、、波のある日は要注意です。。
暴れるサケは サケハンマーで静かにさせた方がいいですよ、、、、私は血抜きも兼ねて、エラ後ろにナイフを刺しますが、、、、、