そんなにサケ釣れるなら
 俺だって、、の巻き。31日
あんまり釣れる話ばかり聞いていて ストレスが貯まったので
私も 定休日の水曜に 出漁することにしました。

朝5時に出港して 伊達方向に走ります。 今日のボートはGPSが付いていないので 先日 山立てしておいた場所 「 伊達火発煙突の右側 煙突2本分に有珠山山頂」 に停船、ドジャーを降ろすと たちまち2匹ヒットしました。
明るくなると なんと すぐそばに 写真のボートが居ます。。。そうです 昨日8匹も釣った Tさんが また釣りに 来て居るんです。
近づくと ちょうどタモで揚げるところです。朝7時で もう14本揚げたそうで、、、、、 余裕のポーズです。
船団から離れた沖合ですが 着実に 本数を上げています。
今日の私のボートには、魚探が無いので タナを聞いてみると 水深25mに反応が あるとのこと、水面の跳ねに惑わされず 中層を狙った方が良さそうなので、さっそく ドジャーを沈める釣り方に変えました。 
ルアーにドジャーを付けた状態、

2年前のTさんの研究の結果では、ルアーとドジャーの間を90センチ開けたのが、一番釣果が良かったそうで、今日は、その間をワイヤーで繋いでいます。
流れの弱い時は ワイヤーを外して 動きを大きくし、更に ルアーを軽い28gにしたり、除いて 直接ドジャーと針エサにします。
また、流れの強い時は、ルアーを60gと重くしたり、小さなドジャーを付けて、針エサの動きを少なくします。

エサはサンマ か カツオ ですが、カツオの方が長くて 丈夫で、肉が落ちたあとでも ひらひら なびいて良いようです。流れの弱い時は あえて皮だけにして 使っている人もいるようです。
サケ用のバイオで 板状のバイオワームもYGに売っていました。。


なかなか釣れない時に 隣の船で 着実に釣り上げられるのって 悔しいですよね。何かが違うのでしょうけど、、、、、、。良い秘訣、工夫を知っている方 内緒で教えて下さい。
十分 釣果を揚げて、楽しんで、効果を確かめてから、ここで皆さんにお知らせします。(笑)
朝、船長から携帯に電話をもらったけど、ちょうど、サケがヒットして取り込みの最中、すると、もう1本の竿にもヒット、なかなか電話に出れず、かけれません。
朝8時頃 電話をかけ直し、こちらの場所では7匹釣れたよ と 報告したら、なんと ベルーガでは船中 50本くらい 揚がっているとのこと、タモ網で忙しい処に よけいなお世話の電話をしてしまいました。すいません
私も 朝9時半には もう11本も釣れたので、帰港することに。途中 ベルーガの横を通りすぎたら ちょうど タモを使っているところ。立て続けに 2本揚げていました。 いったい 今日は 何本釣るのでしょうかね?
帰港途中、クラブ会長のKさんが 始めてのサケルアー釣りに挑戦していましたので、ボートを近づけ ドジャー仕掛けを竿ごと2セット 置いてきました。夕方 電話が来て、大きいの5本釣ったと 喜んでいました。 クラブハウスに置いておきますので、借りたい方は言ってください。




30日は絶好のサケ日和
Tuさんは 今日15匹。28日は7匹と 絶好調です。
今日は午前中は イマイチ、午後、入れ食い状況となったそう。写真のドジャーが効果大。
AさんのSRV20が帰港しました、2人で20匹とか、、、、、。
Kuさんの デッキは サケだらけ。約30匹。
Nさんも帰港、今日は Tさんも同乗して 楽しいサケ釣りです
Tさんの勇姿。
今日は9匹釣り、オス2本にメス6本。
最大がこの大物。
バネ計りで測定すると
8KGありました。

もっと大きいのが かかったのですが、格闘の末 痛恨のラインブレイク。リーダーから下の仕掛けごと 逃げられてしまったと 悔しがっておられました。

釣り仙人 の風格です。



それにしても 室蘭港から10分くらい走ったところで こんな大物が釣れるのですから 恵まれていますよね。
夕方、Taさんが帰港。朝までの仕事を終え、お昼過ぎに 出港したのに、2時間で8匹の釣果とか。
やはり、ドジャーの喰いが良く、サケを揚げるのに忙しくて、ルアーを振るヒマが無かったとか、、、、、。
銀ピカのサケ。さわると大きくウロコが剥がれてきます。 ウーン、、、、ヒョットしたら幻のアレかな?
夕暮れのボートヤードを自分の置き場へ移動するAさんのF23、このように一人で 移動できるので、 いつでも 出港できるのです。ちなみに今日のAさんの釣果は3人で30匹とか。