平成29年 11月13日 レンタルボートは 



11月13日 サケ釣り   

13日サケ渋い中、快調です。
このほか、取り込み中に、バレが1本、針が切れたとか。
メスが泳いで帰ったそうです。

先日、鮫サメが 釣れた時に 使った針だったので、サメ肌で 痛んでいたようです。
Pラインが こすれただけで、切れるほど、サメ肌は 鋭いそうで、
必ず交換したほうが良いそうです。


なお、餌は 新しいのが良いとか。
何日も使っているのでも 釣れるときは釣れますが、
渋いときは、タックル、ライン、針、餌などなど、万全の態勢で楽しみましょう。





クラブハウスの鮭の話題

 
 昨日のクラブハウスでは、サイン コサイン などと 難しい話で盛り上がっていました。

サケ釣りで、ドジャーを流すときに、どの程度の水深まで下げるか、と

先日6本釣った方は、4本の竿のリールには、カウンターがついていて
最初は、いろいろな深さにしておいて、釣れたら、そのカウンターに合わせるとか。
スピニングのKさんは、pラインの色を数えているとか、

漁探に反応があれば、その深さにあわせるし、おおむね水深10mであれば、
30度の角度で流れていれば、20Mラインを出せば、20×sin30=10m

などと、ワイワイ話していました。

キャストで なかなか喰わないときも、キャストしてから すぐ巻かず 10カウントしたり、
20カウントしてから、巻き始めると 喰うそうです。

大事なのは、棚 と 餌の動きとか、

動きがありすぎると喰わないので、リールを巻く回転数が大事であり、
風上と風下では、ボートの流れるスピードもプラスマイナスしなければならず、

ドジャーの場合も、基本は、ドジャー+スプーン+タノベイトフックですが、
流れが速ければ、ドジャーとスプーンの間を90センチ離して、動きを抑えたり、
ドジャーを小型に変えたり、するようですが、流れが1ノットを超えると難しいとか。

また、風が弱くなれば、基本から、スプーンを外して、ドジャーに針を直結とするそうで、
6本掛けは、この状態だったそうです。
まったく、風が無くなれば、フカセ針で、浮かせたり、沈めたりするとか、

今日のクラブハウスは 難しい勉強と なりました






 




11月10日 サケ 釣れるも、 倍のサメ、鮫、さめ

フックラと 腹が膨れた メス 5キロ

中に、どのくらいのイクラが入っているか、
過去の記事を探してみましたら、10年前の
ちょうど11月14日の記事がありました。



伊達市黄金沖から豊浦大岸にかけて、広範囲に跳ねがあり、
ボート横でバシャバシャ跳ねるも 喰いが悪く、苦戦
 Y艇メス2  N艇メス2オス3  Kさん メス2オス2  Yさん メス2 オス1

鮫が多く、ドジャーにも、スプーンにも かかって困ります。
15匹釣れた との話もありました。
食べると おいしいとの声もありますよ  



戻る