Arさんのページ

17年9月27日 Yoさんとナイトでブリ  積丹

9月12日夜 Yoさんの船で ハモ釣りす。

数は上がらないけれど、二人とも大きいのが釣れました。
66cm、560g自己最新です。。。。。。と Yoさん。



17年8月31日 ジギングも楽しい

ジグに掛かった 大きなホッケです。ジギングの練習に最適です

平成16年10月17日 午前零時のブリ
Arさん、大時化の積丹岬で ブリ釣ってきました。皆、船酔いして 戻しながらの釣りだったようです。ジグは クレージーロングのアカキンです。
平成16年9月13日朝 Arさんが ブリ 釣ってきました。
9月13日函館5時出港、湯ノ川沖 水深98mで ジグ投入後 3回シャクったら ガツッン と きましたとのことで、この調子なら いったい、、、、、、、、なんて思っていたら その後2回 バラシで終了とか今日の金龍丸は4人で5本の釣果でした。
実績ジグは  
Arさんへ シメブリの作り方 わかりましたので 下へ書きます。2002年8月の記事です。

すごく美味しかったのが、シメサバ ならぬ 〆ブリ。送られてきたレシピの通り、刺身のサクに塩まぶし1時間で〆て、洗い流し その後昆布にはさめて 寿司酢に一晩漬けると出来上がりです。
〆ブリのコツは「上等の寿司酢と塩かげん」 とのことです。



16年6月6日 最高の晴天に、最高の笑顔です。

Arさん、今日は御夫婦で イシモチ釣りです。見事、43,5センチのイシモチを頭に5枚ほどの釣果。餌はホッキを使ったそうです。


えっ さくらます 15年8月3日午前6時

3,3キロ!!!
15年8月3日午前6時 Aさんは 釣りへ向かう途中、魚の跳ねを発見、すぐに仕掛けを下ろすと、スゴイ当たりがあり、ガクンガクンと引きます。青物のように 走り回るので ブリかな とも思ったそうですが、引き寄せると 見事なマスでした。
その後、跳ねが続き、隣のボートにも教えてあげたら、そっちでも 釣り上げたようです。



ます おいしかったです

Arさんが 思いがけず釣り上げた 3.3キロの ます。
見事な卵が入っていて、これは 醤油付けにして、いただきましたとか。
身も アブラが乗っていて とても おいしかったそうです。
14年12月22日スケソ汁はうまかった
腹のポッコリふくれた 大きなスケソです。
今日はカシキに徹したArさん。ナベ、コンロ、ネギを持ち込み、このスケソをブツ切りにして、船上でスケソ汁を作って皆で食べたそうです。。凍える船上で食べる熱っついスケソ汁、、、、うまかったでしょうねえ。


13/11/18クラブハウス を のぞくと、、、

強風の日は 朝6時から 風落ち待ちの待機です。各自 仕掛けボックスを広げ、研究会です。

7月21日は イカ 150匹の大漁でした
奥さん手製のイカ飯をごちそうになりました。       一口食べてから撮影を思いついたので、一つは半分に なっています。



ソウハチの標本採取にいってきました。

13年7月8日 イタンキ沖35Mで


13年6月3日 天候悪化にもかかわらず 
Aさん、の大物です



まがれい 45.5センチ 見事です。


いつも2人で釣りに行く仲の良いご夫婦、、、、奥様はヒラメ60センチの実績があります。



SRV20のAさんが 鳥の集団に遭遇しました。

鳥に囲まれるベルーガ、渡り鳥でしょうか?黒い鳥が しきりに海面に突っ込み 海面下に群がるスケソの子みたいな魚を食べています。周囲は 羽ばたき音と鳴き声で すごい状況だったそうです
海面に固まる渡り鳥。この集団が 海面近くを 一つの固まりになって その形を変えながら移動していくのを 遠くから突然見つけると 一瞬 ネス湖の恐竜が現れたかと ドッキリします。
マリーナでくつろぐボート達