若い頃の  ヨットで一人旅

いつか航海記録を整理しようと 思っているのですが なかなか できず、
今回 ちょっと やる気ができてきたので ちょっとだけ 書きました。最後まで
 続けることができるか 自信ありませんので 少しずつ公開します。お楽しみ下さい。。

24才で脱サラして 名古屋出港 沖縄 稚内 右回り日本一週 7ヶ月で110港に寄港。全3840マイル
出港風景、会社のヨットクラブや鬼崎ハーバーの仲間が集まってくれ、港の外まで伴走して見送ってくれました・
3/4 鬼崎
3/4 鳥羽入港
3/5 和具
3/6九鬼
3/7 勝浦
3/11 串本
3/15 周参見
3/16 田辺
3/17 比井
3/18 日和佐
3/19 佐喜浜
3/20 椎名
3/21 室戸岬
3/23 手結
3/26 高知
3/27 久礼
3/28 上川口
3/29 窪津
3/30 土佐清水
4/3 母島
4/4 豊浦
4/5 細島
4/6 美々津
4/10 内海
4/11 大堂津
4/12 外浦
4/13 内之浦
4/15 大泊
4/16 西の表
4/19 屋久島    一統
補機の中古船外機6馬力の調子が悪く、すぐ止まります。
潮岬では沖だしの強風でエンジンがかからず、このままアメリカに流されると思いました。
タックを繰り返しても、全然戻れず恐怖でした。
4/19  一統
4/20国永楽部
4/26 中之島
4/26 出港

諏訪の瀬通過

悪石島通過

詳細図
中之島は港が無く、強風が続き、夜中に島周りをする一歩手前まで行きましたが、なんとかヨットを座礁させずに済みました。温泉もあり、良い思い出の島です。
4/26 宝島アンカー入れ

4/27 抜錨

4/27 奄美大島 宇検
中之島から奄美大島までの直行ですが、途中夜間に島の近くを通るのは危険なので、明るいうちに宝島の島影にアンカーを打ち、夜まで仮眠してから、午前中に到着するようにしました。。GPSが無いので、怖いです。、
4/28宇検出港 
4/28 名柄
5/2 名柄出港

5/4 渡久地
5/7出港
5/7 那覇入港
下の図は
沖縄→長崎の
6日間の航海
木造のマスト。225はNORCの登録番号です。後ろのパイプは確か自動操舵を自作したのですが、すぐ壊れてしまいました。
沖縄に着いた頃は、金が無く、ガソリンをあまり使えない。
やむなく、長崎への直行ルート。6日間 眠気と戦いながら 走りました。
ラジオ局の方向からの現在地測定なので、位置が性格でなく、
夜間に島に乗り上げるのを心配して、トカラ列島から 遠く離れて 進みました。
5/11 那覇出港
5/16 長崎入港
5/21長崎出港
5/22 池島
5/23 津吉
5/24 平戸
5/25 郷の浦
5/28 福岡
5/29 大島
5/30 江崎着
6/2 温泉津
6/3 江雲
6/5 浦郷
6/7 本荘
6/12 小浜
6/17 出港
6/19 佐渡小木着


ガソリン節約のため、工程が長くなってます。
本当は、もっと多くの港を楽しみたかったのですが、
6/19 佐渡出港
6/21 栗島
6/23 鼠ヶ関
6/26 男鹿 椿
6/29 深浦
6/30 北海道 松前小島通過
7/1 瀬棚着
7/3 寿都
7/4 神恵内

津軽海峡の流れが怖くて、遠く離れて 青森深浦から、瀬棚で直行しました。
7/4 神恵内
7/5積丹 入舸
7/11 小樽 運河
7/13 焼尻
7/14 利尻鬼脇
7/16 稚内
7/17 浜頓別
7/20 北見枝幸
7/21 雄武
7/22 紋別
7/23 常呂
7/24 網走
7/25 ウトロ
7/26 知床文吉湾
7/28 ラウス
7/29 標津
7/30 根室
8/1 根室花咲
8/2 霧多布
8/4 釧路
8/5 白糠
8/6 広尾
8/7庶野
8/8 浦河
8/11 苫小牧
8/11 登別着
8/24 出港
8/27 室蘭追直
8/28 椴法華
8/29 出戻り
8/30 尻屋崎
8/31 白糠
9/3 八戸
稚内を越えると オホーツクは濃霧の最盛期、周りは全く見えず、ザザーという音が聞こえたと思ったら、岩礁の中に居たこともあります。

実家の登別漁港に入り、お盆を過ごした後、室蘭船見町に入り、恵山のトドホッケに入って、北西の風を待って、気合いを入れて 津軽海峡を越えました。
9/3 八戸
9/4  島の越
9/5 吉里吉里
9/6 鮪立
9/6 鮎川
9/8 豊間
9/10小名浜
9/11 日立
9/12 銚子
銚子出港時に、漁船に ぶつけられ、港に戻って 組合と交渉し、応急修理しました。
9/12 銚子
9/13 銚子
衝突事故 出戻り
9/14 大原
9/17 白浜
/19 諸磯
9/20 伊東
9/21 下田
9/23 御前崎
9/25 舞阪
9/26 篠島
9/28 豊浜
9/28 鬼崎
船体:   横山さん設計の21FTヨット、木造FRPコーエング 素人自作艇中古
帆: メインセール ゼノアジブ レギュラージブ ストームジブ各1まい
エンジン: 補機トーハツ6馬力 不調
航海機器: コンパスとアンテナ可動式ラジオと全国の海図、ラジオ局周波数リスト
     GPSは当時存在せず。 漁探,レーダー無し、と言うか金が無くて買えず
積込み食料: 米2俵60キロ(親戚からのもらいもの) 


どなたか 若い人で ヨット旅行がしたいという人はいませんか?
ヤマハの21FTクルーザーの中古がありますので、希望者には 無料でプレゼントしますよ。今は GPSのある時代、それほど 危険な旅では ないと思います。


ヨットは友人が自宅で飾りたいと もらってくれました。



戻る